Skip to content

PMSに効果のある薬、もしくはサプリメントの代表例について

着物姿のかわいい女性

PMS、月経前症候群は生理が始まる前の約二週間に起こる様々な症状を指します。

症状には個人差があり、比較的症状がかる人から、仕事に支障をきたすほどの重い症状を引き起こす人まで様々ですが、生理のサイクルに合わせて発症するため、悩む女性が多いのが特徴です。

プレフェミンは日本で唯一の、PMS用の医薬品です。PMSは頭痛や胸の張りと言った身体的な症状や、イライラや憂鬱勘と言った精神的な症状の双方に効果があり、服用によって多くの人に症状の改善効果が見られます。

プレフェミンのパッケージ臨床試験では3周期ほど服用を続けると、明確な効果が表れやすく、服用をやめても服用前より症状の改善される傾向があると言う結果が出ています。

服用は一日一錠で効果があり、時間を分けて何錠も飲む必要はないのです。

プレフェミンは要指導医薬品で、一般的な薬局でも販売されていますが薬剤師の元で購入する必要があります。普段飲んでいる薬や風邪薬との飲み合わせなどもありますので、気軽に相談することをお勧めします。

PMSは生理前に引き起こされる女性ホルモンのバランスの変化や、鉄分をはじめとしたミネラレルや、ビタミンの不足によって引き起こされると言われています。

PMSの代表的なサプリメントと言えば、ウェリナのHINAです。

女性ホルモンの一つであるエストロゲンと同じ働きをする植物性エストロゲンを配合し、エストロゲンの働きを活発にすると言われるイソフラボンを中心とした植物成分を多数配合しています。

ウェルナのHINA不足しがちな鉄分も配合しており、貧血や体調不良などの身体面と、イライラなどの精神面の不安定さの改善に効果が期待できます。

特徴的なのは飲み始めのタイミングで、他のサプリメントが毎日飲み続けなければならないものが多いのに対し、HINAは生理前一週前からの服用を推奨しており、手軽に始められる点が特徴です。

価格も良心的で、一月分で2000円を切るなど製造者の工夫が見られます。一日分の服用量が一包みにまとまっているのも特徴で、飲み過ぎる心配も少ないのも特徴です。

 

このように、PMSを改善するアイテムは医薬品、サプリメントともに充実してきました。およそ女性なら誰しも、多かれ少なかれ生理関連での不調を感じたことがあるのではないでしょうか?

ストレスや生活習慣の乱れによる原因もありますが、どうせ治らないから、とガマンするのではなく、こうした商品をうまく使って症状をコントロールすることも重要だと思います。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です