Skip to content

生理とは?PMSとも関連性の高い女性にとって避けられないもの

生理は女性にとって切っても切れないものですが、初潮から閉経まで平均ではおおよそ38年間付き合うことになります。

男性の方はあまり詳しいメカニズムなどはご存知無い方も多いでしょうが、ここで一度生理の仕組みについて知っておきましょう。

そもそも生理とは医学用語での「月経」を意味しますが、その定義としては身体的に成人を迎えた女性の身体の中で起こる子宮内膜からの出血です。その周期は人によって異なりますし、さらに同じ女性でも体調やホルモンバランスによって大きく乱れる事があります。

また生理はホルモンバランスが崩れることでPMSの症状に悩まされる場合も。この場合はチェストベリーなどホルモンバランスを整える成分を取ることが重要です。

チェストベリーはサプリメントがたくさん発売されています。今やPMSはサプリで症状を和らげることがかなり広まった感がありますね。

このように生理とは出血を伴うものですが、これは怪我や傷などで生じる出血とは根本的に異なり、古くなった子宮内膜が剥がれ落ちたものになります。

初潮を迎えた女性は子供を育てる環境を体内で形成していくのですが、子宮はいわば赤ちゃんが宿るベッドのような働きをします。この子宮の内側を覆うのが先ほどの子宮内膜なのですが、常に清潔で赤ちゃんにとって良い環境を保つために定期的に古いものは剥がれ落ち、新たな子宮内膜を形成します。

子宮は卵子と精子が出会い着床するという妊娠のプロセスにおいても非常に重要な役割を担うため、常に良い環境をキープしておく必要があるのです。

妊活という言葉がもはや定着していますが、子供を授かりやすい時期やタイミングを知る上で基礎体温は非常に重要な意味を持ちます。さらに妊活中の女性でなくとも生理周期や乱れなどを知る上でこの基礎体温というキーワードは大きな意味を持ちます。

女性の身体はおよそ12歳の初潮の時期から閉経の50歳前後まで生理周期を繰り返しますが、この間女性の体内では多くの変化が起こっています。生理の準備段階では新たな卵子を育てるために、脳がエストロゲンというホルモンを分泌します。

一般に低温期と呼ばれる時期ですが、文字通り基礎体温が低い状態が続くので、この時期には生理の準備段階で新たな卵子が形成されています。

次に成熟した卵子は卵管へと排出され、精子と出会うための環境づくりが行われます。この際に子宮内膜を発達させるために黄体ホルモンと呼ばれるものが分泌されますが、この期間中は体温が高温となるので、先ほどの低

温期に対して高温期と呼ばれます。そして着床が無かった場合には生理によって古くなった子宮内膜が排出され、新たな卵子や子宮内膜を作り出す準備が繰り返されます。

このように基礎体温の変化は女性の生理周期と密接に関連していますので、ご自身の体温の変化の傾向を知っておくことで生理の乱れやホルモンバランスの変化などについて外的な指標を持って計測することが可能になります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です